イシュタールは無添加の美容液なので安心!【副作用の心配はある?】

イシュタール 副作用

 

今、話題沸騰中のイシュタール。

 

無添加でできているイシュタールに副作用がないのか。

 

もし副作用があるとすれば無添加でできているとはいえ心配ですよね。

 

オールインワン美容液であり無添加でできているイシュタールに副作用がないのか、徹底検証していきましょう。

 

 

無添加でできているイシュタールに副作用はないのか?

 

では早速、イシュタールに含まれている有効成分をお伝えします。

 

水、グリセリン、BG、DPG、ペタイン、トレハロース、シクロヘキサシロキサン、1.2-ヘキサンジオール、ステアリルアルコール、クエン酸Na、シア脂、ホホバ種子脂、トリエチルヘキサノイン、ペヘン酸、ラウロイルグルタミン酸、カルボマー、キサンタンガム、スクワラン、フェキシエタノール、水溶性プロテオグリカン、他

 

上記の他にも多くの厳選された美容液成分が配合されていますし、6つの無添加・2種類のテストにより、敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。

 

とはいえ、当然すべての方にアレルギー反応が出ないというわけではありません。

 

万が一、お肌に合わなかったり、お肌に異常(かゆみやかぶれ等)が感じられた場合には、すぐに使用を中止して、かかりつけの医師にご相談をお願いします。

 

 

6つの無添加

 

  • 合成着色料なし
  • 鉱物油なし
  • パラベンなし
  • 石油系・界面活性剤なし
  • 紫外線・吸収剤なし
  • エタノール

 

 

2種類のテスト

 

  • パッチテスト済み
  • スティンギングテスト済み

 

※すべての人にアレルギーや皮膚刺激が起こらないわけではありません。
※スティンギングテストとは、化粧品を使用したときに感じるピリピリ、チクチク、ムズムズ感です。

 

 

水溶性プロテオグリカンについて

 

私たち人間の肌に含まれているEGFという上皮成長因子は、肌の細胞を増やしたり成長させたりする重要な因子となります。

 

ところがこれは年齢と共に減少傾向にあり、減少すると肌の新陳代謝が下がり肌の老化を促してしまうのです。

 

水溶性プロテオグリカンはEGFと同様の働きをしてくれるので、乾燥を防ぎ肌を保湿するだけでなく、肌の老化を防止するエイジング効果を期待することができる成分なのです。

 

 

ソメイヨシノ葉エキスについて

 

日本の国花に選ばれている桜の葉ですね。

 

実はこの桜の葉、高い美肌効果を期待することができるのです。

 

お肌の潤いを守るために角質の潤いを保持してくれるため、高い保湿力があります。

 

そして、高い抗炎症作用があるため肌の赤み(発赤)やかゆみを防ぐなど、肌トラブルの改善効果も期待できます。

 

 

今回、無添加でできているイシュタールに副作用はないのか検証してみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

当然のことながら、全ての人に全くアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありませんが、危険な成分などは含まれていませんので、安心してイシュタールをお試しいただければと思います。

 

イシュタールの最安値は公式サイトです。

 

イシュタールのことが気になった方、購入を考えている方、是非一度公式サイトも確認してみてくださいね。

 

>>イシュタールの詳細はこちら


関連ページ

イシュタールはシミに効果があり?【徹底検証!】
イシュタールのシミに対する効果とは?イシュタールがシミに効果を発揮するのか調査!
イシュタールに含まれている成分とは?【中身を徹底分析!】
イシュタールの成分には何がある?イシュタールに含まれる成分を詳しく調査していきます!
効果的な使い方を解説!【知って得する】
イシュタールの効果的な使い方をお伝えします。イシュタールの効果的な使い方をマスターして美肌を取り戻しましょう。