イシュタールの中身を徹底分析!【含まれている成分とは?】

イシュタール 成分

 

オールインワン美容液で今注目されているのがイシュタール。

 

特にお肌に対する保湿力に着目している美容液となっていますが、イシュタールに含まれる成分には何があるのでしょうか?。

 

とはいえ、保湿力を売りにしている美容液はこの世の中に数えきれないほど出回っていますよね。

 

それらの美容液とイシュタールとの違いは何なのか、イシュタールに含まれている成分の詳細を明らかにしていきましょう。

 

 

イシュタールに配合されている全成分とは?

 

水、グリセリン、BG、DPG、ペタイン、トレハロース、シクロヘキサシロキサン、1.2-ヘキサジオール、ステアリルアルコール、クエン酸na、シア脂、ホホバ種子脂、トリエチルヘキサノイン、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル、オクチルドデシル)、カルボマー、キサンタンガム、スクワラン、フェキシエタノール、水溶性プロテオグリカン、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、水溶性コラーゲン、アルギニン、ラウロイルサルコシンイソプロビル、クエン酸、メタリン酸na、シクロベンタシロキサン、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、PCA-na、酢酸トコフェロール、乳酸na、セラミドNG、加水分解コメヌカエキス、セラミドNP、アスパラギン酸、PCA、ソメイヨシノ葉エキス、ヒアルロン酸na、ヘチマエキス、加水分解コメエキス、PVP、加水分解ダイズエキス、チャ葉エキス、グリシン、アラニン、セリン、パリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、バルミチン酸レチノール、ベヘニルアルコール、コーン油、ベンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートna、マンニトール、イソステアリン酸フィトステリル、セラミドAP、フラーレン、ヒトオリゴペプチド-1、ダマスクバラ花油、ステアリン酸グリセシル(SE)、PPG-6デシルテロラデセス-30、ベヘネス-30、香料

 

ざっと見た感じですと、日本的な原料が使われているようですね。

 

ツバキ種子やコメヌカエキスなどは、日本でも古来から美容にいいと言われている成分ですし、日本人の肌にも合うような気がしませんか?

 

 

日本人の肌に合う成分

 

ソメイヨシノ葉エキス

ソメイヨシノ葉エキスは、お肌のみずみずしさ、潤いを保つための成分。

 

ヘチマエキス

ヘチマエキスは、角質の潤いをキープして、お肌のキメを整えて肌トラブルを防いでくれる成分。

 

加水分解ダイズエキス

加水分解ダイズエキスは、お肌の調子を整えて、ハリを保つ働きをサポートする成分。

 

black

加水分解コメエキスは、紫外線や乾燥などの肌ストレスから守る役割のある成分。

 

チャ葉エキス

チャ葉エキスは、保水力に優れているので、みずみずしく弾力のある肌にしてくれる成分。

 

 

今回は、イシュタールに含まれている成分について細かくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

イシュタールには危険な成分は含まれていないようですね。

 

イシュタールのことが気になった方、購入を考えている方は、是非ぜひ公式サイトも確認してみてくださいね。

 

>>イシュタールの詳細はこちら


関連ページ

イシュタールはシミに効果があり?【徹底検証!】
イシュタールのシミに対する効果とは?イシュタールがシミに効果を発揮するのか調査!
イシュタールには副作用の心配はある?【無添加の美容液なので安心!】
無添加のイシュタールに副作用はあるのか?無添加のイシュタールに副作用がないのか検証していきます!
効果的な使い方を解説!【知って得する】
イシュタールの効果的な使い方をお伝えします。イシュタールの効果的な使い方をマスターして美肌を取り戻しましょう。